リハビリテーション

◆ 理学療法
医師の指示のもと理学療法士は、身体が不自由となった人々に対し、各個人の状態を調べ(身体機能、心理面、リスク等)適切な治療方法や目標を設定し、リハビリテーション運動療法(起きる、座る、立つ、歩くなどを用いて運動能力を高め筋力強化や関節可動域を増やす)や、物理療法(温熱、水治、光線、電気療法などにより痛みや循環の改善)、ADL訓練(日常生活を円滑に行うために必要な動作の助言、指導、練習)を実施し、機能回復を図り、在宅に向けて支援します。
◆ 作業療法
医師の指示のもと作業療法士は、自宅での生活を目指した食事、トイレ、入浴などの日常生活動作訓練を行います。
身体機能障害のみならず、高次脳機能障害による日常生活動作に支障をきたす方へのアプローチも行っています。
入院時より自宅訪問を行い実際の家屋状態に応じた実用的なリハビリテーションを提供すると共に住宅改修の必要性についてもご相談に応じます。
リハビリテーション
◆ 言語聴覚療法
医師の指示のもと言語聴覚士は、脳卒中・頭部外傷などの後遺症により、ことばによるコミュニケーションに問題がある方に、コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるよう支援します。
また、食べ物が飲み込みにくい、むせてしまうなどの摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。
◆ 神経学的音楽療法
当院では、回復期病棟・外来リハビリテーションの一環として、新たに神経学的音楽療法(以下NMT)を導入する事になりました。つきましては、そのシステムや有用性をご理解して頂きここにご紹介致します。
NMTについて

標準化されたNMTの関与は、大きく3つの領域に分けられます。

(a)感覚運動領域:歩行障害の訓練、姿勢の改善、上半身/下半身の機能的動作の強化。

(b)言語/発話領域:失語症等に対する言語/発話障害の訓練。

(c)認識領域:聴覚的注意、認識、記憶、社会心理的行動障害。

当院では脳卒中、パーキンソン病、運動性失語症、認知症、失行症、高次脳機能障害に適用したいと考えています。
NMTテクニックの例

1.RAS:リズムによる聴覚刺激
リズムによる運動合図によって、動作を促進するテクニック。主に歩行のリハビリテーションで速度の改善、左右のバランスの向上、歩幅の修正、ケイデンス(1分間当たりの歩数)の改善を目的とします。

2.TIMP:治療的楽器音楽演奏
楽器演奏により、主に機械的動作(指の把持、屈曲・伸展、内転・外転、回外・回内、回旋)における関節可動域の改善、持久力向上、筋力強化を目的とします。

3.MIT:メロディック イントネーション セラピー
損なわれていない歌唱力を利用して、発話の産出を促進します。

4.ACT:音楽による注意制御トレーニング
注意の焦点・選択性・持続性・交換性・分割性のトレーニングです。
NMTのプログラムプラン

入院患者様:1日1単位(20分)、週7日間(月〜日曜日)
NMTスタッフ

当院では4名の専任音楽療法士(内2名は国際神経学的音楽療法研修会を修了)が他の療法士と協力して各患者様に最適のテクニックを選択して効果的にリハビリテーションを進めます。


ご質問・お問い合わせは
リハビリテーション科 音楽療法士主任
小日向(こびなた)まで
◆ 訪問リハビリテーション
在宅生活を円滑にするため自宅でのリハビリテーションが365日可能です。
医師の指示のもと理学療法士、作業療法士が、利用者の自宅を訪問して心身機能の維持・回復を図り、日常生活の自立を助けるために理学療法・作業療法等の必要なリハビリテーションを行うものです。
対象となる方

「寝たきりを少しでも改善されたい」「家で動きづらい」など、リハビリを受けたいとお考えの方が対象です。通院が困難であっても当院の専門スタッフがご自宅を訪問致しますので、ご安心下さい。
※保険対象となりますので、利用には医師の指示(指示書)が必要です。
提供時間・地域

● 40分程度
● 大阪市生野区、東成区、東大阪市
提供内容

● 基本動作(寝返り〜起き上がり)訓練
● 移乗動作訓練
● 移動訓練
● トイレ・食事など日常生活動作訓練
● 福祉用具・住宅改修の相談
● 介助方法の指導
● その他
自宅にてお困りの事がありましたら、相談に応じます。
費用と回数 介護保険・医療保険適用


介護保険サービス医療保険
費用1単位(20分)301円〜お問い合わせ下さい。
月1回251円加算週2〜3回程度

※但し、介護認定を受けている方は、介護保険サービスの利用が優先です。
患者権利  個人情報保護  アクセスマップ  サイトマップ  リンク